働きやすい環境のためのメンタルヘルスマネジメント

近年日本では、うつ病や適応障害、パニック障害といった精神的な疾患を患う人が増えてきています。


会社員など、日頃多くのストレスに晒されている人だけでなく、学生などの比較的若い世代の中でもこうした症状に悩む人は多くいます。



これらの病気の原因の一つとなるのが、環境から受けるストレスで、症状を改善するためにはこのストレスを軽減することが大切です。


ストレスを減らして休養を十分にとるために休職するという人もいますが、中には症状が改善せず、そのまま離職してしまうという人も少なくありません。

これは本人はもとより、雇用している会社にとっても非常に大きな損失となるため、それを回避するために組織全体がメンタルヘルスマネジメントに対して意識を高く持つ必要があります。しかし、メンタルヘルスマネジメントについての活動を、どういったかたちで行うかも非常に難しいもので、個人単位で学習をしても、知識や意識の差が生まれてしまいますし、かえって意思の疎通が悪くなり、状況を悪化させてしまいかねません。

All Aboutに関するアドバイスです。

そこで、組織単位でメンタルヘルスマネジメント検定を受けるというのも良い方法です。

一つの目的に対し、全員が共通の価値観を持ってメンタルヘルスについて学ぶことが出来ますし、個人単位から組織全体まで、段階を踏んでメンタルヘルスについて考える良い機会になります。



これは雇用されている人だけでなく、事業主や組織の管理者にとっても非常に有用な事になるので、出来るだけ早くメンタルヘルスマネジメントの取り組みを始めることが大切です。

Copyright (C) 2016 働きやすい環境のためのメンタルヘルスマネジメント All Rights Reserved.