離婚カウンセラーについて

昔は、結婚生活に行き詰っても、離婚後に女性が一人で経済的に自立することができなかったり、親戚や世間から偏見などがあり、なかなか簡単に離婚することができませんでした。
しかし、最近は経済的に自立している女性も多くなり、離婚に対して昔ほど抵抗がなくなっています。
そのため、近年離婚件数が増加傾向にあります。


離婚するかどうか悩んだときには、離婚を専門に扱っている弁護士や行政書士に相談するのが一般的です。


しかし、弁護士や行政書士は、慰謝料や財産分与などの離婚に関する法律的な事柄に対しては専門家なため心強いですが、離婚における精神的な不安や葛藤、夫婦関係の修復して離婚を回避する方法のような心理面でのサポートはあまり期待できません。

ビジネスジャーナルの検索がとっても楽になりました。

離婚における精神的なサポートやカウンセリングを行う職業である「離婚カウンセラー」が最近注目されています。



この離婚カウンセラーには、特別な資格は必要なく、誰でもなることが可能です。
離婚カウンセラーになる人の中には、自分自身が実際に離婚を経験した人が、その経験を活かして職業にすることも多いです。



カウンセラーのため、臨床心理士などの心理系の資格を持っている人もいます。


離婚カウンセラーのなかには、書籍を出版したり、マスコミに取材されるなどの著名人もいます。離婚カウンセラーは、離婚を安易に推奨するのではなく、夫婦の問題について一緒に相談したうえで、修復の可能性があれば、そのアドバイスを行うこともあります。


Copyright (C) 2016 離婚カウンセラーについて All Rights Reserved.